常緑ヤマボウシ

常緑ヤマボウシ 株立
ヤマボウシの近縁にあたる種で、手間いらずで花も実も楽しめる常緑広葉樹です。
シンボルツリーとして植えられることも多くなってきました。
5~6月頃に純白の美しい総苞が枝いっぱいにつき、秋になると果実が真っ赤に熟し見ごたえがあります。
果実は食用にもでき、果肉は柔らかくほのかに甘いですが、そのまま食べてもあまり美味しくはないので果実酒やジャムなどにすることをお勧めします。
耐暑性があり、寒さに関しては植え付け後から徐々に適応していきます。半日陰でも成長しますが、花を楽しむのであれば、なるべく日に当てるようにしましょう。自然と樹形が整いやすく、剪定を行う場合は風通しが悪くならないように間引く程度でOKです。
常緑ヤマボウシ 花
花期 5~6月
常緑ヤマボウシ 実
結実期 10~11月

エクステリア施工事例
  • おすすめ草木
  • お仕事の流れ
  • 植物の育て方
  • よくある質問
  • こんな仕事ならお任せください!
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • Hug仲間
横内 文行
Yokouchi Fumiyuki
しあわせ・感動プロデュース”をコンセプトにお客様の「わぁ~素敵!」を実現できるようスタッフ一同、心をこめてデザイン・施工をさせていただいております。「世界にたったひとつ、私らしさがつまった庭」たくさんのお客様の満足に出会えますよう頑張ります。
facebook