ハウチワカエデ

ハウチワカエデ

大きい葉が枝いっぱいに紅葉する姿が見事な落葉広葉樹です。
新緑の頃も美しく、4~5月に花をつけ、続いてプロペラの様な種子を付けます。枝ぶりものびのびとしていて自然林を思わせます。
寒暖の差が大きいほど美しい紅葉になります。日陰を作るための庭木として最適で、葉の形を天狗の団扇にたとえたことが名前の由来です。

日当たり・水はけの良い土壌を好み、西日が強く当たる場所は避けましょう。春~夏にかけて、葉が乾燥して丸くなることがあるので、晴れた日が続くようであればしっかりとお水をあげましょう。
自然と樹形は整いますが、込み合いすぎるようであれば冬期に剪定を行います。テッポウムシがつくことがあるので注意しましょう。
ハウチワカエデ 葉
新緑の葉
ハウチワカエデ 花
花期 4~5月
ハウチワカエデ 葉
紅葉 10~5月

当社施工事例

アプローチ

リビング前ポイント

エクステリア施工事例
  • おすすめ草木
  • お仕事の流れ
  • 植物の育て方
  • よくある質問
  • こんな仕事ならお任せください!
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • Hug仲間
横内 文行
Yokouchi Fumiyuki
しあわせ・感動プロデュース”をコンセプトにお客様の「わぁ~素敵!」を実現できるようスタッフ一同、心をこめてデザイン・施工をさせていただいております。「世界にたったひとつ、私らしさがつまった庭」たくさんのお客様の満足に出会えますよう頑張ります。
facebook