マツ

161e45f0ce67b1aded831a3b00c878eb2
マツはマツ科マツ属の常緑針葉樹です。日本庭園の主木で、趣のある庭木として古くから好まれてきました。日本庭園の美しい景観を構成している、日本を代表する木です。寿命が長く、お正月の門松に用いられるなど、長寿やおめでたいことの象徴ともされてきました。
アカマツ・クロマツ・ゴヨウマツ・ハイマツなどの種類があり、建材、パルプ、盆栽、庭木といった幅広い用途に用いられています。
日当たりと水はけのいい場所を好み、日が幹に十分当たらないと、生育が衰え、葉の色が悪くなってしまいます。また、マツは美しい樹形を楽しむ樹木ですので、樹形の維持として、5~6月に行う「みどり摘み」と、10~3月に行う「もみあげ」と呼ばれる2度の剪定が必要となります。
82d3245a8e1f999819c359a9e440cc9d
チクチクとした長細い葉
8262d0d6983fa4b0bb4ffd04355bfebe
雄花 

 4月、雄しべから花粉が舞い上げり、赤い雌花に受粉します。花粉症の人にはつらいですね。
d57aaba825fe8e2890eecf7fcdae1bf9
雌花

 4~6月にかけて、雌花が緑色の実となり、8月には茶色く変化します。そのまま冬を越し、1年後の4~6月に再び大きくなりはじめます。
0ff48f04f9e410ee0b4c8d2028463758
松ぼっくり

 11月、大きくなった実が種を飛ばすと、ポトリと木から落ちて、皆さんおなじみの松ぼっくりとなります。

エクステリア施工事例
  • おすすめ草木
  • お仕事の流れ
  • 植物の育て方
  • よくある質問
  • こんな仕事ならお任せください!
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • Hug仲間
横内 文行
Yokouchi Fumiyuki
しあわせ・感動プロデュース”をコンセプトにお客様の「わぁ~素敵!」を実現できるようスタッフ一同、心をこめてデザイン・施工をさせていただいております。「世界にたったひとつ、私らしさがつまった庭」たくさんのお客様の満足に出会えますよう頑張ります。
facebook