HOME植物の育て方芝生について >     簡単な芝張り

    簡単な芝張り

ご自分でもできる簡単な芝貼りをご紹介します。

1.下地の整地を行う
  
石などを取り除きレーキ・トンボなどで均します。
  水勾配をつける事が大切です。
  芝生に水が溜まらないようにしましょう。

2.芝を張る範囲に灌水をします
  芝生を密着させ作業中も芝生が乾きにくくなります。

3.芝片を並べていきます
  勾配に対して長い方の辺を直角に使用して下さい。
  タテの目地が通らないように並べて下さい。
  目地をあけた場合も早く芝生でカバーできます。
  雨が降っても溝が出来にくくなります。

4.板等で芝生をたたいて転圧します
  土と密着させるようにします。
  踏圧(足で踏む)でも大丈夫です。

5.目土を散布します
  花崗土又は砂を芝生の上に散布し、目地(芝生と芝生の間)へ入るように均していきます。
  夏は芝生の葉が見えるように均して仕上げていきます。目土が厚すぎると蒸れて枯れる原因となります。

6.十分な灌水を行います
  芝生の上に水が浮く位の十分な灌水をします。

7.施肥を行います
  
化成肥料を50g/m2程度与えましょう。
  根付いてからの施肥でも大丈夫です。また、目土にまぜておく方法もあります。

8.根付くまで毎日灌水します
  
根付くと芝生がはがれにくくなります。
  白い根がいっぱい出てきています。裏返して見てみるとよくわかると思います。

 後は管理作業を頑張ってください。
  
   



     
  





エクステリア施工事例
  • おすすめ草木
  • お仕事の流れ
  • 植物の育て方
  • よくある質問
  • こんな仕事ならお任せください!
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • Hug仲間
横内 文行
Yokouchi Fumiyuki
しあわせ・感動プロデュース”をコンセプトにお客様の「わぁ~素敵!」を実現できるようスタッフ一同、心をこめてデザイン・施工をさせていただいております。「世界にたったひとつ、私らしさがつまった庭」たくさんのお客様の満足に出会えますよう頑張ります。
facebook