HOME植物の育て方害虫への対処 >    害虫駆除 

   害虫駆除 

病害虫駆除の目的
 
病気や害虫により、樹木が著しく損害を受けて美観が損なわれるのを未然にもしくは最小限に防ぐことです。

病害虫駆除の時期
 発生時期は、それぞれの病原菌・害虫の種類及び天候により異なります。
害虫の発生時期はほぼ4~10月の暖かい時期なので早期発見、的確な予防を行うことが重要です。
目安としては定期的(2回程度/年)に行うのがよいでしょう。

病害虫駆除の方法
 病原菌・害虫の種類により薬剤は異なりますが、ほとんどの薬剤は液状のものを動力噴霧器で散布します。
散布薬は葉から流れる直前で止めるのが効果的です。
散布は、風のない午前中を選んで散布するようにします。
雨の後や高温、強射の日中は薬害が出やすく、夕方は病気が蔓延しやすいので避けたほうがよいでしょう。
薬剤の種類は、病気と害虫の名称を薬剤容器のラベルで確認するとよいでしょう。


 
 


チャドクガ
注意の必要な害虫
 チャドクガ

 幼虫は集合性が強く、整然と並んで食害します。
体色は黄色~黒褐色
 成幼虫ともに毒刺毛をもち、風または飛来でこれを撒き散らす。脱皮殻や死骸にも注意が必要です。
ので注意が必要です。
 触れると赤くはれ上がり痒くなり、痒みが長期にわたり厄介です。
 チャ・ツバキ・サザンカに多く発生します。
 アディオン・ディプテレックス・スプラサイド等で駆除します。

 
イラガ
注意の必要な害虫
イラガ
 
雑食性で多種類の樹木の葉を食害します。
 本虫独特の先の尖った毒刺毛に触れると、激しい痛みを感じて危険です。
 色々な色・模様のイラガがいます。写真はアオイラガです。
 アメリカフウ・エゴノキ・カエデ・カキ・ヤマモモ他に多く発生します。
 スミチオン・ディプテレックス等で駆除します。
 冬の剪定時に越冬マユを取り潰しておくのは、確実で有効な防除となります。

エクステリア施工事例
  • おすすめ草木
  • お仕事の流れ
  • 植物の育て方
  • よくある質問
  • こんな仕事ならお任せください!
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • Hug仲間
横内 文行
Yokouchi Fumiyuki
しあわせ・感動プロデュース”をコンセプトにお客様の「わぁ~素敵!」を実現できるようスタッフ一同、心をこめてデザイン・施工をさせていただいております。「世界にたったひとつ、私らしさがつまった庭」たくさんのお客様の満足に出会えますよう頑張ります。
facebook